戸田産本エビ <ヒゲナガエビ> 9月~5月
 

刺身がおすすめ!!お手頃価格!!
人気の深海魚で静岡県認定ブランド
食セレクションに認定!!
ふるさと納税にも貢献!!(沼津市リンク)

<商品のご紹介> <お召し上がり方> <背ワタの取り方>
 
■楽しみ方いろいろ
 甘味と旨味がしっかりしており主に刺身用。皮をむき背わたをとった後、
氷水にさっと浸けて締めると甘味が増します。また、てんぷら・フライ・
味噌汁・塩焼きにしてもよく、素揚げは頭からそのまま食べることができ、
甘エビよりもおいしいかと思います。
刺身にした後の残った頭部を味噌汁すると旨いです。
 地元戸田では「本えび」と呼びますが、正式名の「ヒゲナガエビ」です。
なかでも小サイズの本えびが使い勝手がよく、むき身にした後、刺身は
もちろんチャーハン・野菜炒めなど。特にかき揚げは絶品。

■新鮮さとおいしさのヒミツ
 本品は、駿河湾内で操業の後に戸田港に水揚した日帰り船のもので、
海から船上に揚げられて氷で〆られた後早くて2時間、遅くても
10時間以内には-35℃漁協冷蔵庫にて急速冷凍してあるため、鮮度は
一級品です。氷詰になっていますので水道蛇口にて流水解凍して下さい。

<商品のご紹介> 
本エビ小サイズ500g   本エビ中サイズ500g
 

本エビ小サイズ500g

欠品中

ご購入はこちら
 

本エビ中サイズ300g

※欠品中 700円(税込・送料別)

ご購入はこちら


レシピ

<刺身> <唐揚・天ぷら・フライ> <素揚げ> <焼きえび> <みそ汁>
 
本エビ刺身

■本エビ刺身
水道蛇口で流水解凍し、下記の通りに頭をとり皮をむいて背わたをとってください。氷水にさっと浸けて締めると甘味が増します。

 
フライ

■唐揚・てんぷら・フライ
水道蛇口で流水解凍し、頭をとり皮をむいて背わたをとってください。それぞれのころもと揚げ方で。戸田産の甘くて柔らかい味をお楽しみください。

 
素揚げ

■素揚げ
水道蛇口で流水解凍し、揚げてください。そのときはねる場合がありますので注意してください。塩を少々つけてお召し上がりください。

 
焼きえび

■焼きえび
水道蛇口で流水解凍し、少し塩水につけておく。又はそのまま軽く塩をふってグリル等で焼く。

 
えびの頭の味噌汁

■えびの頭の味噌汁(残ったえびの頭の利用)
煮立った湯の中にえびの頭を入れて煮る。あくをとりながら味噌汁に仕立てる。
お椀にきざみねぎ・おろししょうがを入れ汁を盛る。


 

<背わたの取り方>
 
背わたのとり方 その1

背わたのとり方 その2

尾より一関節頭よりのところに爪楊枝を刺して上に引き抜くと簡単に抜けます。赤い糸のようなものが背わたです。


  〒410-3402
静岡県
沼津市戸田523-9 

戸田漁業協同組合直売所

電話
0558-94-2082

営業時間 8:00~17:00
定休日 水曜日
駐車場 10台